vol.9_tr_clinic_fcmat_spain_football210515-and-29

スペインサッカー一貫型クリニックfor低学年

5/15(土)
18:30-20:00@海老名市杉本小学校
対象:小1〜小3
参加費:2,500円

指導スタッフ:隈崎、永井

※スペインサッカー一貫型クリニックfor高学年(小学4-6年生)は6月29日(土)18:30-20:00@海老名市杉本小学校の開催予定です。
ーー

スペインサッカークリニックがパワーアップ!

FC MATとOSO SFLがお送りするスペシャルクリニック「スペインサッカークリニック」。

このスペインサッカークリニックが5月よりパワーアップします。

何が変わったかというと、低学年と高学年で学んでほしいことを年間の指導プランをもとに月1回開催していくことです! これによって、開催する全てのクリニックに強い繋がりができ、体系的にサッカーを学ぶことができます。

クリニックながら体系的に学べる言わば「一貫型クリニック」です!!

内容はスペインの選手が学ぶこと+日本の選手に必要なことをバランス良くプランニング

スペインサッカーと銘打っているので、基本的にスペインの選手が学ぶ内容をベースに構築していきます。

しかし、単に「スペインでやっているトレーニングだからやってみよう」ではなく、そのベースの上に「日本人選手が学ぶことによって、よりポテンシャルを磨くことができる要素」を考慮しました。

例えば、海外の育成年代の指導者から「日本の子どもはドリブルやトラップが上手い」と言われることがあります。それは事実なのですが、それをグループまたはチームで生かしてこそ技術です。

実際にトレーニングを作成する時、「もっとこのシチュエーションで選手にプレーしてもらおう」という日本の子ども目線に立って考えることを重要視しました。

「サッカーが上手い」ってどんなことか、年間を通して学んでいこう!

「サッカーの上手さ」は人それぞれの見方があるので、一概にこうだと言えません。ただ、その「見方」をたくさん知っている選手こそ、実は上手くなるための基盤を気づいていると言えます。

クリニックで学ぶプレーには、参加する選手にとって得手不得手が必ず出てきます。けれども一度は学び経験することで、考える力やプレーに幅が出てきます。

このクリニックを通してサッカーのベースを作りながら、様々なプレーを作り出すことができる選手を輩出するのが一番の目的と言えます。

5月の低学年は「コンドゥクシオン」

5月の高学年は「3種類のドリブル①」

年間計画上半期
年間計画下半期

※クリニックの内容は変更する場合がありますので、予めご了承ください。

    選手氏名必須
    ふりがな必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    在籍校必須
    学年必須
    所属チーム必須
    希望参加日必須
    希望参加日(複数日ある場合)任意
    ご紹介者任意
    メッセージ任意

    お申込み後の自動返信メールの件名は「スペシャルクリニック」となっております。

    1日経過しても返信がない場合は、お手数ですが、再度申込みを送信してください。まれに送信が届かない場合がございます。

    「スペインサッカー一貫型クリニックfor低学年」への1件のフィードバック

    1. ピンバック: 【NEW!】スペインサッカー一貫型クリニックfor高学年 – FC MAT

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Top