vol.11_tr_clinic_fcmat_spain_football210612

【第2回】スペインサッカー一貫型クリニック

6/12(土)
18:30-20:00@海老名市杉本小学校
対象:小1〜小6
参加費:2,500円

指導スタッフ:隈崎大樹(くまさきひろき)、宮川類(みやがわるい)

アトレティコ・マドリード下部組織でプレーした宮川類がコーチとして指導

FC MATとOSO SFLがお送りするスペシャルクリニック「スペインサッカークリニック」。

今回は小学低学年と高学年を同日で行います。

メインコーチの隈崎の他に、今回はラ・リーガのアトレティコ・マドリード下部組織でプレーした経験を持つ宮川類がコーチとしてピッチに立ちます。

宮川類プロフィール

2007年07月  Club Atletico de Madrid サマーキャンプ参加
2007年09月  Club Atletico de Madrid 下部組織に入団
2013年09月  流通経済大学付属柏高等学校 編入
2016年09月  慶應義塾大学環境情報学部 入学
2018年06月  クラウドファンディング141万円達成
2018年08月  スペイン4部 Alcobendas Sport と契約
2018年10月  スペイン5部 La Moraleja C.F. と契約
2018年12月  スペイン5部 C.F. Fuenlabrada B と契約

クリニックに参加する選手と同じ年齢で海外経験をしているので、時間がある時に是非話しかけてください!

低学年は駆け引きのドリブル「レガテ」!

前回の運ぶドリブル「コンドゥクシオン」に続き、今回は相手と駆け引きをするドリブル「レガテ」です。

相手の裏をつくのはもちろんですが、レガテをどういった状況で行うと効果的かということもしっかりトレーニングしていきましょう!

高学年は3種類のドリブルの後編!

高学年は3種類のドリブル後編です。

まずは3種類のドリブルをおさらいしましょう。

相手を抜き去る突破のドリブル

1つ目は「突破のドリブル」。相手と対峙した時に抜きにかかるドリブル。

意図的にある場所にボールを運ぶドリブル

2つ目は「運ぶドリブル」。相手に向かってドリブルをするのではなく、「ある場所に目的を持ってボールを運ぶ」こと。

ボールを絶対取られない守るドリブル

3つ目は「守るドリブル」。最大の目的はボールを失わない。パスコースがない、プレッシャーが強い、スペースが減少している、そんな時にボールを死守する守るドリブル。

前回は突破と運ぶドリブルがメインのトレーニングでした。今回はどんなトレーニングをするのか、お楽しみに!

    選手氏名必須
    ふりがな必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    在籍校必須
    学年必須
    所属チーム必須
    希望参加日必須
    希望参加日(複数日ある場合)任意
    ご紹介者任意
    メッセージ任意

    お申込み後の自動返信メールの件名は「スペシャルクリニック」となっております。

    1日経過しても返信がない場合は、お手数ですが、再度申込みを送信してください。まれに送信が届かない場合がございます。

    「【第2回】スペインサッカー一貫型クリニック」への1件のフィードバック

    1. ピンバック: 【コラボ】MAT×OSO サマーキャンプ2021 – FC MAT

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Top